2010年12月14日

バンカーショットのコツは

初心者のゴルファーを、最も苦しめるのがバンカーショットです。
フェアウェイやラフとは打ち方がかなり異なるため、慣れるまではボールを出すことに苦労される方も多いようです。
特にフェアウェイバンカーは、ミスショットを誘発しやすいので注意が必要になります。

もしバンカーに入ったら、無闇にグリーンを狙うのではなく、とりあえず「バンカーから出すこと」を最優先に考えましょう。
あごの高いバンカーでは、真横に出すくらいの気持ちで十分です。
無理に狙うと、ボールが際に近づいてアンプレヤブル(打ち直し)になる危険性もあります。

アドレスは、足場をしっかりと固定して、目標方向に向かって真っ直ぐに立ちます。
フルスイングをするとダフリやすいため、コンパクトなスイングを心がけてください。
腰から下はどっしりと構えて、上半身だけの力で振り抜くイメージです。
テークバックも肩の高さまでで十分です。

ダフリを防止するためには、左足のかかとをボール1個分だけ後ろに引いて、ややオープンなスタンスを作ってください。
こうすることでクラブの入射角が鋭くなる(上から振り下ろすイメージ)ので、ボールの手前を叩く心配が低くなります。

コンパクトなスイングをすると、飛距離はその分落ちますから、大きめのクラブを選択する必要があります。
しばしばバンカーに入ったボールが、目玉状になる場合があります。
こうしたケースではショットの難易度が高い(ボールが上がらない)ので、無理をせずウェッジを使用します。

インパクトとフィニッシュのコツ

ゴルフのスイングは、すべてインパクトのために存在します。
インパクトとは、ボールが当たる瞬間を意味する言葉で、美しいスイングの結果こそが、理想的なインパクトへと集約されます。
インパクトの基本としては、クラブヘッドよりも両手が前に出た状態を意識しなくてはなりません。
この状態は、「ハンドファースト」と呼ばれます。
ハンドファーストに成功すると、ボールは真っ直ぐに飛んでいきます。
失敗すると、ボールは曲がり、ミスショットの可能性が高くなると考えてください。

ただし、ハンドファーストを意識しすぎると、フェースが開いてスライス(ボールが右に曲がる)してしまいます。
インパクトは体の中心よりもやや右側で行うことになりますが、体重移動や地面の傾斜によって微調整が必要になります。
あくまでも、一般論としてお考えください。

正しくインパクトできているかを確認する方法として、フィニッシュの形を参考にする場合があります。
フィニッシュとはクラブを振りぬいてスイングが終わった状態を指す言葉で、静止した状態で確認を行います。
フィニッシュ時にはまず、体重がしっかり左足に乗っているかどうかをチェックします。
さらに、右肩と右腰は左足の上にあるのが理想です。
体重移動が正しく行われていれば、左足一本で立ってもバランスよく立てる状態になっているはずです。

左腕は、左手とクラブ、左肘と左脇の角度がそれぞれ90度になっていれば、理想的なフィニッシュ体形といわれています。
クラブは地面と平行になるのではなく、ややヘッドが下がっている状態が良いといわれています。

パッティングのマナー

グリーンの芝は非常にデリケートなので、パッティングの際は慎重な行動を心がけてください。
間違ってもカートで乗りつけたり、素振りをしたりしてはいけません。
移動も走るのではなく、歩くようにしてください。
パッティングが決まって、嬉しさのあまり飛び跳ねる方がいますが、こうした行為も避けてください。

スロープレーの大きな要因の一つに、「ラインの読みすぎ」が挙げられます。
グリーン上に人がいると、後続のプレーヤーが次のショットを打てません。
慎重に打ちたい気持ちは分かりますが、てきぱきとした動きを心がけてください。

パッティングの距離が残り30センチ程度になった場合、「OK」を出してショットを省略する場合があります。
ただし、OKはあくまでも同伴者が出すものであり、自身で判断してよいものではありません。
時々、1メートル近く距離を残してOKを自ら要求する人がいますが、そうした行為は嫌われます。
逆に、数センチの距離でOKを出さないのも失礼に当たるので、適時OKを出すように心がけてください。
ただし、大会やコンペではOKが禁止されている場合もあるので、事前に確認を取りましょう。

ラインをまたぐ行為と同様に、カップ周りの芝を踏むのはルール違反とされています。
カップ周りの芝が荒れると、ボールが急に曲がって本来入るはずのパットが外れてしまう、といったことになりかねません。
カップインしたボールを拾う際は、ホールと自分の足に適切な距離を保つよう心がけましょう。

ゴルフの基本ルールとグリーン上の注意点

ゴルフのスコアは、自分で記録するのが原則です。
慣れないうちは、自分が何打だったか忘れてしまうこともあるでしょう。
そんな場合は、同伴者に確認するか、少し余分に申告するのが基本です。
つまり、ボギーかダブルボギーか分からないのであれば、ダブルボギーとして記録してください。
コンペなどでは、スコアの誤記は失格の対象となりますから、正確な記入を心がけましょう。

グリーン上では、他のプレイヤーとラインが重なる場合もあります。
お互いのボールが近い場合は、マークしてお互いのプレーを妨げないようにしなくてはなりません。
また、ボールが視界に入るだけでも集中力が乱れる方もいますから、向かって正面の位置にボールがある場合もマークした方が無難です。
マーク後はボールを拭いても構いませんから、砂や草がついていないか確認しましょう(そのまま打つとボールの転がりに影響が出る場合もあります)。

カップのピンは、全員がグリーンにオンしてから抜くのが基本です。
ただし、ピンからボールが離れている場合は、ピンを差したままの方が良い場合もあるので他のプレイヤーに確認を取りましょう。
通常は、ホールの一番近くにボールをオンさせた人がピンを抜きます。
抜いたピンはグリーンの外に置くようにしてください。

パッティングの前に、他人のラインを踏んだりまたいだりする行為は禁止されています。
芝目が変わって、ラインが変化するためです。
同様に、自身のラインの上を歩くのもNGです。
少し遠回りをして、ラインの円周上を歩くようにしてください。

ゴルフのトラブル対処法

初心者の方は、どんなに気をつけてもOBを連発してしまうものです。
隣のコースに打ち込んでしまうこともあるでしょう。
ボールが他のプレイヤーのいる場所に飛んでいく可能性もありますから、周囲のプレー状況をよく確認しながら対処してください。
マナーとして、一声すいません、と言葉をかけてからスイングするようにしてください。
迅速なプレーを心がけて、できるだけ早く自分のコースに戻りましょう。

林やラフでボールを見失った場合、ボールを探さなくてはなりません。
探す時間は3分程度を目安として、見つからなかった場合はロストボールを宣言して打ち直します。
あまり探しすぎると、プレーが停滞して後続者に迷惑がかかるので注意してください。

バンカーにボールを打ち込んでしまった場合は、特殊なルールに沿ってスイングしなくてはなりません。
例えば、ショットの前にクラブをバンカーにつけてしまうとペナルティとなります。
素振りはバンカーの外で行うか、砂にソールをつけないように気をつけて行ってください。
バンカー内にある石や枯葉などを動かすことも禁止されています。
スイングの障害となる場合も、そのまま打たなくてはなりません。
「あるがままに打つ」がゴルフの大原則ですから、その点は忘れないようにしてください。
バンカーショットをすると、必ず自分の足跡やスイング跡が残ります。
バンカーレーキという道具を使って、元の状態に戻すのがマナーです。
バンカーレーキを放置すると、他のプレイヤーの障害物になることがありますので、後片付けもお忘れなく。

ゴルフの予備知識

残り100ヤード前後のショットでは、クラブ選択が重要になります。
悩んだ結果、当初の予定とは異なるクラブで打つ場合もあるでしょう。
その際、いちいちカートまでクラブを取りに戻ると、相応の時間をロスしてしまいます。
プレーの遅延を防ぐためにも、ショット地点にはあらかじめ2~3本候補のクラブを持ち運びましょう。

ゴルフに慣れてくるまでは、しばしば予想外の場所へボールが飛んでいきます。
当然、ボールをロストすることも多いので、ポケットには常に予備のボールを入れて持ち運ぶとよいでしょう。
時おり、予備のボールを打ち尽くして他のプレイヤーから譲り受けている光景を目にします。
ボールは、少し多めにバッグの中に入れておくことをおすすめします。

アプローチに入る際は、次のパッティングのことを考えてパターも持ち歩きましょう。
カートはグリーン奥に止まっていることが多いので、取りに戻る時間を短縮できます。
もしも同伴者のプレーが停滞しているようであれば、そのプレイヤーのクラブも一緒に持ち運ぶくらいの気配りを見せましょう。

誰かのボールが林や草むらの中に入ってしまった場合は、キャディさんも含めて同伴者全員で探すことになります。
もしもの場合に備えて、ボールの行方はしっかりと確認しておきましょう。
同伴者は審判としての役目も兼ねていますから、自分のプレーばかりでなく、他者のプレーもしっかり確認しなくてはなりません。
トラブルが生じて対処の方法が分からないときは、独断で行動するのではなく、キャディさんやクラブハウスに確認を取ってください。

ゴルフの基礎知識

「プレー中はお静かに」、これはゴルフの常識ですが、ショットの後にはプレイヤー同士で声を掛け合いましょう。
いいショットの際には「ナイスショット」、ボールがグリーンにパーオンしたら「ナイスオン」、ボールがバンカーから出たら「ナイスアウト」といった具合です。
声を掛け合うだけで、プレーが楽しくなってくるものです。
もちろんスコアを競う合うのも楽しいですが、基本的には各個人が気持ちよくプレーできるような雰囲気作りを心がけてください。

ゴルフ場をまわっていると、自分以外のプレイヤーがどんな攻め方をしているのか、気になるものですよね。
上手いの人のプレーを見ることは、上達のきっかけになるので積極的に学んでいきましょう。
ただし、どのクラブを使ったのか、何番のアイアンで打ったのか、他のプレイヤーに聞くことはルール違反とされています。
コンペなどではペナルティの対象になることもあるので注意しましょう。

ゴルフをすうる上で一番大切なマナー、それは「スロープレー」をしないことです。
9ホール2時間程度を目安にプレーするように心がけてください。
極端な遅延行為はペナルティの対象となります。
後続のプレイヤーや同伴者のリズムを乱すことにもなるので、てきぱきとした動作を心がけてください。
特にゴルフ初心者は、素振りを何回もしたり、失くしたボールを長時間探し続けたりしないように気をつけましょう。
プレーが遅れてきたなと感じたら、小走りで移動するくらいの心がけは必要です。

プレー中のルールとマナー


1番ホールには、遅くてもスタートの10分前には集合しておきましょう。
まず、キャディさんがクラブの本数を確認して、プレイヤー同士はそれぞれが使用するボールを確認します。
同じボールを使用している人がいたら、誤打を防ぐために違うボールに代えるか、何かマークをつけておきましょう。
最初のホールでは、オナー(はじめに打つプレイヤー)も決めなくてはなりません。
方法はクジ、コイン、何でもOKです。
2ホール目以降は、前ホールで最少打数だったプレイヤーがオナーになります。

同伴者以外にも、前の組、後続とプレイヤーがいますから、仲間内で騒いだり、大声をあげたりするのはマナー違反です。
ティーグラウンドには打者だけが立つことを許されます。
打者とは十分に距離をとり、視界に入らないように注意してください。
集中力を妨げるような行為は厳禁です。
喋ったり、写真のシャッターを押したり、他のプレイヤーのアドレス中に素振りをしたり、たとえ仲間内でもそうした行為は避けてください。
もし他のプレイヤーがアドレスに入ったことに気付いていないときは、注意を喚起してください。
同伴者にはボールの行方を確認する義務もありますから、自分以外のプレイヤーの動作を見守るのもマナーです。

プレイ中に声を出すのは厳禁ですが、ミスショットをしたときには「フォアー!」と叫びます。
これは、曲がったボールが隣のオールにいるプレイヤーに当たらないようにと、注意を促す言葉です。
もし隣のホールからこの声が聞こえてきたら、こちらにボールが飛んできていないか注意しましょう。

ゴルフ場での準備

ラウンドで使用するボールは、できれば同じメーカーのもので統一してください。
ゴルフボールはひとつあたりの単価が高いので、ハザードなどに失くすのが心配な方は、ロストボールを使用しましょう。
メーカーを統一して、ロストボールを売っているお店もあります。
ボールの位置が近いと、他のプレイヤーと区別がつかなくなることもあるため、ロゴやマークを事前に確認するようにしてください。
同伴者に同じメーカーのボールを使っているプレイヤーがいる場合は、マジックで目印を付けると良いでしょう。

ラウンドをスタートする前は、必ずゴルフ場内で練習をしておきましょう。
起き抜けにいきなりスタートすると、体も思うように動きませんし、ミスショットの確率も高くなってしまいます。
ウォーミングアップを十分にこなして、体を温めておくと良いでしょう。
特に最初の一打は、その日のプレーリズムを決める大切なショットになる場合が多いようです。

コース内の練習場では、ドライバー、アイアン、ウェッジをバランスよく練習しましょう。
まずは短いクラブからはじめて、体が温まってきたらドライバーを使います。
実践ではアプローチが重要になるので、短い距離のショットも積極的に練習することをおすすめします。

アプローチやドライバーの練習が終わったら、練習グリーンでパットの確認をしましょう。
グリーンの芝にはゴルフ場によって「速さ」があり、ガラスのようにボールがすべるグリーンもあれば、ボールの転がりが遅い「重い」グリーンもあります。
練習グリーンで感覚をつかむことが大切です。
日差しや気温、湿度など、天候によってもグリーンのタッチは変わるので、しっかりとその日のフィーリングを把握するように心がけてください。

ゴルフ場でのマナーと注意点

ゴルフは、早朝にスタートすることがほとんどです。
全員が揃ってはじめてプレーを開始できるので、遅刻は厳禁です。
できれば、ラウンドをスタートする1時間前にはゴルフ場に入るくらいの気持ちで臨んでください。
受付、着替え、練習をしてからスタートするので、少し早めに到着しておく必要があります。
ゴルフはメンタルが大きく影響するスポーツですから、気持ちの上でも余裕を持つことが大切です。
慌しくスタートすると、やはりそれだけプレイに悪影響が出ることも多いようです。

荷物は、前日にすべて準備しておきましょう。
クラブやウェア、雨具などは必ず用意してください。
ゴルフ場は山の中にある場合がほとんどで、したがって天気も変わりやすいといわれています。
天気予報で「晴れ」となっていても、念のために雨具は一式持ち運びましょう。
ゴルフ場についたら、玄関前でキャディさんが出迎えてくれるはずです。
荷物を車から降ろしてくれるので、手伝って一緒に持ち運ぶようにしてください。

ゴルフは「紳士のスポーツ」と呼ばれるだけあって、マナーが重要視されます。
カジュアル過ぎる服装は禁止されれている場合が多く、ゴルフ場によっては厳しいドレスコードが定められています(特に名門といわれるコース)。
Tシャツやジーンズ、ジャージは原則としてNGです。
ショップに行って、ゴルフウェアのコーナーに置いてある服を選べばまず問題ありませんが、心配な方は事前にゴルフ場に問い合わせておきましょう。